水蒸気などについて稽古しました。雲の発生や雲散霧消、雨などの気象の変化は、大気の鉛直方位の動きにともなって大気インナーの水が水蒸気・水・氷と、その病状を入れ換えるために起こります。地球地表の水の総量は約14億kmと見積もられてある。その97%以上は海水だ。陸水の大部分は氷河の氷であり、地中水が次いで多いです。地球表層の水は、日の労力を誘因として水・水蒸気・氷と病状を変えながら自然をテンポしています。海洋では、蒸発嵩が雨量を前述まわってある。こういう差は、水蒸気や雲として陸上に運ばれ、雨となって陸地に達し河川などの流水となってもう海洋にもどっていきます。水は地球表層で、ガス(水蒸気)・液体(水)・固体(氷)と病状を変えます。物のそういった刷新を相刷新といいます。水蒸気などについて稽古をしましたが、久しぶりに聞いたこともありました。知らないこともあったので時間があるときに復習したいと思います。ミュゼ 100円 何回