ゼロ匹の蚊が飛び回ってある。ここはJRの当事者。都心ではこんなところにも蚊がいらっしゃるね。どこへ飛んで行くのかなと、動向を目で追っていたのですが、困ったところに留まってしまいました。前のダグアウト座席に座っている夫人の大腿だ。「蚊がとまってあるよ」と言ってあげたい衝動に駆られましたが、要素が要素だけに教えしづらいのです。直ちに飛んでいって仕舞うかなと思ったのですが、蚊はそこで愛するみたいでじっくりしています。女の人は読んでいる当に夢中になっていて、依然として気が付いていません。俄然パンと叩いたら、痴漢免罪に向かうのでしょうね。その女の人はコントラストタイツと言うかストッキングと言うか、随分厚手のしっかりした郷里のレッグウェアをはいていました。とりあえず、肌ではないから、血液は吸われないかなと思ったのですが、目算は呆気なく外れましたね。女の人はレッグウェアの後からポリポリとかき始めたのです。それで蚊は飛んでいってしまったのですが、一部始終を見ていながら、何もできなかった自分の無力さを恥じましたね。脱毛ラボ 12箇所