大相撲春場所が終盤戦を迎えています。私は相撲が好きでよくテレビ観戦しているのですが、勝ち方にもいろいろあって賞賛できる勝ち方とそうでない勝ち方があるように思います。例えば、変化して勝つと後味も悪いですし妙な小細工をして勝っても褒められるものではないようです。今日も貴ノ岩関と遠藤関の取り組みがあったのですが、貴ノ岩関が徹底して遠藤関をはたき込みました。結局、まわしを触ることのないまま貴ノ岩関が勝ったのですが、解説の人が「決して師匠の貴乃花親方には褒められない勝ち方でしょうね」と言っていました。
元横綱の貴乃花関は正攻法で勝ち続けてきた力士。稀勢の里関もそうですが、遠藤関も正攻法で余計なことをしないタイプだと思います。もっと、ズルをしてもいいのにと思う時もありますが昔ながらの日本相撲を取っているように感じます。どちらかというと不器用だけどやっぱり真っ直ぐな相撲を取っている力士を応援したくなります。http://www.cambridgeconcertassociation.org/